U-ki(勇気)の素
留学☆旅行☆小さな出会いと大きな喜び、そして不安をぜ~んぶ楽しみに変えるブログ!
☆ホームページも見てね☆

☆クリックしてね☆


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



カテゴリー



最近のコメント



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する




ご訪問ありがとう!また見てね☆





U-ki(勇気)の素☆QRコード

カナダ留学☆携帯サイト






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


自分探しのプチ留学

忙しい日本から離れ、緑と自然がいっぱいのバンクーバーに、自分探しのプチ留学267にでかけてみませんか?午前中は語学学校で英語の勉強、午後はヨガ、ハイキングやサイクリングなどでアクティブに活動したり、フェイシャルやマッサージなどでリラックスしたり、329 豪華ホテルでのアフタヌーンティー93 は、騒がしさを忘れて極上のひと時を過ごすことができます。

休みをとりにくい方でも大丈夫な1週間の基本コースからあります。たくさんの選択肢からアクティビティーを選べ、英語の勉強方法、滞在方法、滞在期間など、全てご希望にあわせてあなただけのプランを作ることが可能です。

  puchi_school.jpg  puchi_ski.jpg  

  明るい語学学校のクラス           バンクーバーはアウトドア天国 

puchi_hotelVan1.jpg  puchi_afternoontea.jpg 

    豪華ホテルの優雅なアフタヌーンティー  ホテルで作られるスコーンは絶品!  

        pchi_facial.jpg  Puchi_yoga1.jpg

        スパは極上のリラクゼーション    ヨガはバンクーバーでも人気です。

普段と違った体験をし、身も心もリフレッシュさせながら自分探しをしませんか?男女、年齢に関係なく日本から来られる方、バンクーバーやその他カナダの都市に滞在中の方もご参加いただけます。ご質問、ご予約はvancouver@u-kisupport.com までお気軽にお問い合わせください。

きっと何かがみつかるはず420 


スポンサーサイト

留学のススメ-カナダ編⑪結構いけるかも。。。

カナディアンとの間に、少しきまず~い38雰囲気がただよっていた時もありましたが、目的は勉強なので、気にせず勉強に集中するようにしました。勉強する内容は、旅行関連で大好きな分野ということもあり、授業は難しく感じませんでした。宿題もきっちりやれば復習になるし、本読みをしてわからない単語を調べておけば、授業もスムーズです。


グループ活動もあるので、カナディアンのクラスメイトと一緒に作業をしたり、交流の機会もあり、クラスの雰囲気も良くなってきました。439プレゼンテーションも、日本人は結構傍観的になりがちですが、カナディアンはどんどん質問をしてくれるし、こんなところで?と思うところで笑ってくれたりで、内心”結構いけるかも!”と思い、プレゼンテーションが楽しくなっていきました。78


あっという間に時間は過ぎていき、ファイナルプロジェクトにとりかかる時がきました。クライアントを設定し、行き先や期間、ホテル、レストラン、観光等全てを入れて日程を組みます。ポイントは、架空ではなく、ホテルから飛行機やバスのスケジュールまで実際のものを使用しなくてはいけないことです。 調査にかなりの時間がかかると思い、プロジェクトの説明を受けた次の日から準備に取り掛かりました。149


どんなプロジェクトになったかは、次回をお楽しみに!


vancouver5.jpg


ダウンタウンへの橋の上から。。。


美しいツーリズムの街バンクーバー420



留学のススメ -カナダ編⑩カナディアンと勉強

期待と少しの緊張345で迎えた本コース初日は、総勢18名の自己紹介から始まりました。日本人は、準備コースで一緒だったYukiko & Marikoの2人に加え、オカナガンで7年大学に通っていたYuki、直接入学したTomo(男性)の5名で、237日本人の割合が多いクラスになりました。日本人0というクラスもあるそうですが。。。


カナディアンも、ネイティブ、506ロシアンカナディアン、チャイニーズカナディアン、コスタリカやフィジーから来ている人、20才から50歳までと年齢層も幅が広く、興味深かったです。先生は皆その道のプロとしても経験が豊富で、授業はとても楽しかったですが、何よりも先生の英語を聞き逃さないよう必死に100%集中していました。412355355 準備コースで習った用語等も役に立ち、授業の内容は完全に理解することができました。221


宿題も多かったです。特にリーディング。またプレゼンテーションも多く、カナディアンの前で嫌だな。。。と自分の英語を少し恥ずかしく思いましたが、英語はコミュニケーションの手段。ネイティブの英語と違って当たり前だとひらきなおり、全く緊張もしませんでした。語学学校と、準備コースでもいくつもプレゼンテーションがあったので、自信もついていたのだと思います。


楽しく充実した毎日でしたが、ただ一つ、クラスメイトのTomoは、授業中でも日本語で話すのが気になりました。464注意をすると「日本人なのに、日本語を話して何が悪いの?」という答え。語学学校のようにEnglish onlyを厳しくチェックはしませんが、カナダの学校だから英語で話すのが当たり前だし、クラスメイトにも失礼だと思いました。日本語で話しかけてきても、英語で返していましたが、やはり日本語の方が楽なのでそのうち日本語になり、カナディアンとの壁ができてしまいました。。。 弱い自分にハンセイ526


vancouver2.jpg


クルーズ船やクルーズツアーも楽しい教科の一つでした。229


これからのクラスの行方は?!次回をお楽しみに・・・



留学の薦め☆カナダ編⑨プレカレッジは最高!

私が通ったCanadian Tourism Collegeには、本コースの前にツーリズムの基本や用語を勉強する1ヶ月のEnglish for Tourismコースがあります。本コースの入学基準に少し足りない人や、いきなりカナディアンとの授業に不安のある人のためのクラスです。私もこのクラスを取ったのですが、最高に楽しかったし、本コースではとても役に立ちました。68


クラスは私を含め3名の日本人496と一人のインド人508の計4名。クラスは少人数で日本人同士なので気後れがなく皆積極的に発言ができました。222 順番に本読みをしたり、ぼーっとしてると当てられたり、(私ではありませんよ)生徒が飽きないように考慮され、毎日がとても楽しかったです。もちろん宿題、プレゼンテーションやテストもあり充実感もありました。


ホテルのインスペクションでは実際にホテルセールスと話して色々質問をしました。また、Aqua bus(Granville IslandとDowntown間を運行する小さな船)108に乗ったり、トロリーバス104に乗ったりと盛り沢山。最後の週にはVIA rail (現在のWhistler  Mountaineer) でWhistlerへ1泊2日研修旅行もありました。


この研修旅行には、面白い話があります。441 私が良くチームを組んでいた生徒は、遅刻常習犯。プロジェクトの打ち合わせのため学校で待ち合わせをして、2時間待ったことがありました。Field tripでトロリーバスに乗った時も遅刻し、インストラクターと一緒に途中で合流したこともあり、78いつもは笑って終わっていましたが、VIA railは1日に1本しかないので、遅刻をすれば旅行には参加できないことになります。そこで、インストラクターと私達で、彼女には実際よりも30分早い待ち合わせ時間を知らせたのでした。当日珍しくオンタイムだった彼女は眠気眼。445遅いなーと思いながら30分待っていたそうです。もちろんこれで気をそこねるような彼女ではなく、からくりをあかし皆で大笑いしたのでした。


20070629183502.jpg 


バンクーバーダウンタウン中心


楽しく充実した1ヶ月はあっという間に過ぎ、いよいよ次は本コースです。次回をお楽しみに363


354Click Click354



留学の薦め☆カナダ編⑧いよいよカレッジへ!

4ヶ月の語学学校を無遅刻無欠席で卒業しました。(厳密には1日、サマータイムに変わる日に遅刻しましたが、笑いを取り多目にみてくれました、。)韓国人が多くクラスになかなかなじめなかったのですが、「ハッピ」335の歴史をテーマにしたプレゼンテーションで、韓国人の男の子にモデルになってもらい盛り上がったのをきっかけに壁がなくなりました。その時、やはり他国の文化というのは、皆興味があるんだなーと思いました。


数回のプレゼンテーションで自信もついてきて、とにかく先生の言うことはひとつも聞き漏らさないぞ2というくらい勉強に集中していました。友人が日本から遊びに来ても、週末だけ一緒にウィスラーにでかけ、一人日曜日の早朝バンクーバーに戻ってきたほどです。文法中心の先生だった上にクラスの人数が多く発言する機会もなく決して満足ではありませんでしたが、とにかく英語力をつけたい一心とお金を払ってるんだから、その分勉強しないと、というケチ352な精神が自分を支えていました。


その甲斐あってか、TOEICの点数も上がり4ヶ月目にはアドバンスクラス(上級クラス)に上がることができました。皆勤でもご褒美はありませんでしたが、大勢の前で話すことも平気になり大きな自信がつきそして、次のステップであるツーリズムカレッジです。この目標67があったから語学学校も頑張れたんだと思います。とにかく英語力をのばしておかなければ、ツーリズムカレッジには入学できないので、必死でしたね。


無事、ツーリズムカレッジに入学し、ノースバンクーバーから通うのは時間的に厳しくなったので、カレッジから歩いて行くことができる貸し部屋を探すことにしました。貸し部屋は学校から徒歩圏内に絞り、ホストファミリーが購読していたローカル新聞Provinceで情報をチェック。132カナディアンのルームメイト希望だったので、日本の新聞や情報サイトはチェックしませんでした。数日かけて10件ほど見て周り、半分あきらめていた時にやっと見つかったのです。


バンクーバーは結構都会です。


20070625192653.jpg


さあいよいよ、ツーリズム(旅行学)の勉強の始まりです!!!


つづく。。。 


ど根性にクリックお願いします466





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。